FC2ブログ
   
06
:
1
2
3
4
5
17
18
20
21
23
25
26
27
28
29
30
   

足立美術館


5月31日 曇り時々雨

入館料 2300円(前売り券 2200円)

190531-15.jpg

さぁいよいよ、今回の旅のメインイベント!足立美術館です!
+゚。*(*´∀`*)*。゚+

足立美術館の開館時間は、午前9時なのですが、
なんと8時30分から、入館できるのですよ♪
ただし、館内は清掃中で、ショップも入れません。
ただ、庭園を見ることができます!人がいないときに、ゆっくりと
庭園を見て写真が撮れるんです。お得ですよね~

190531-16.jpg

館内の窓からは、広大な庭園を見ることができます。

190531-17.jpg

こちらの窓から見える庭は、「苔庭」

190531-26.jpg

渡り廊下は、屋根だけで壁がないところもあるので、
庭の写真を、直に撮ることもできます。

190531-25.jpg

「苔庭」は、曲線を生かした京風の庭だそうです。

190531-18.jpg

この大きな窓からの眺め、圧巻です!
(9時を過ぎると、人がひしめき合う状態になります。) (;^_^A

190531-24.jpg

この窓から見えるのは、「枯山水庭」です。
遠くの山を借景にして、奥行きのある庭になっています。

190531-27.jpg

水に見立てられた白砂と、岩と緑。
本当に、どこを見ても、美しい。。。

190531-19.jpg

茶室の壁が、窓ガラスもなくぽっかりと開いています。
そこから見える庭は、本当に絵のようで。。

190531-20.jpg

しばらく、見とれてしまうほど、美しかったです。
(ここも、9時を過ぎると、絵の中に人の頭が見えてしまいます)

190531-21.jpg

こちらは、隣の部屋の「生の掛け軸」

190531-22.jpg

庭の小さな滝が入って、山水画のようです。

190531-23.jpg

「白砂青松庭」
掛け軸の中に入っていた庭が、こちら。
横山大観の「白紗青松」をモチーフに作られた庭だそうです。

190531-29.jpg

白砂のなだらかな斜面に、青松がリズミカルに植えられています。

190531-30.jpg

9時を過ぎたら、庭師さんたちが、雨にもかかわらず
松の手入れを始めました。素敵な庭を、ありがとうございます!

190531-28.jpg

建物の裏にも、「池庭」があります。
雨がザーザー降ってきたところなんですが、茶室へのスロープの
ところに、ビニール傘が用意されていて、
傘をさして、池の近くまで行けるようになっていました。
この心遣いがうれしかったです。

190531-31.jpg

↑名前もない裏の庭でさえ、美しい。。。

庭園をゆっくり堪能した後、今度は横山大観などの
絵画コレクション。こちらは、写真NGだったのですが、
本当にすばらしかったです。

また、足立美術館には、童画のコレクションもありました。
すっごくかわいい童画がいっぱいで、楽しかったです。

それから、陶芸館。
北大路魯山人と、河井寛次郎の作品が~~~~!!
2020年には、「魯山人館」が開館するのだそうです。
また、行きたくなっちゃいますね~~~♪

そして、最後は新館に。
こちらは、現代日本画が展示されています。
新館の方は、人も少なかったので、絵の感想を二人で言いながら
「この絵、好き♪ほらっ、近未来の海中都市!」
「いや。。海の中を描いてるって、説明が。都市じゃないよ。」
「え~~だって、ここらへんとか、カッコイイじゃん。
 いいの。私は、そう感じたから、そうなの。」
「・・・」
みたいな。。(笑)

20190624111936e88.jpeg

そして、ミュージアムショップでお買い物。

20190624111937668.jpeg

たっぷり3時間。足立美術館を堪能しました。
やっぱり、個人旅行だと、時間を気にせず、
コレクションをゆっくり見ることができるのでいいですね~♪

さて、次は出雲です。
つづく。。

さぎの湯荘


足立美術館の周辺って、すっごい田舎なんです。
こんなところに、あの有名な美術館が??って、びっくりしました。
でも、あの庭園は、やっぱりこの風景の中でしか
完成しないのでしょうね。

松江を出発して、1時間。安来節で有名な安来市。
宿泊したさぎの湯荘は、美術館から徒歩1分。目の前です。

190531-02.jpg

6時少し前に、旅館に到着して、チェックインはこちらのラウンジで、
中庭の日本庭園を見ながら、ゆっくりして良かったです。

190531-03.jpg

こちらのラウンジ、右手には本棚があって、
横山大観の画集とか、面白そうな本がいっぱい♪

190531-1.jpg

さてさて、お待ちかねのお部屋です。
和室14畳の「穂波」

190531-04.jpg

2階にあるお部屋には、窓際にカウンターがあって、
外を眺めながら、くつろげます。
ちなみに、窓の外には、離れ別館とそのお庭、
そして、その向こうには、小高い山も見えます。
緑、緑、緑。。癒されました。+゚。*(*´∀`*)*。゚+

190531-05.jpg

カウンターの横には、バーカウンターがあって、
冷蔵庫の横には、小さな本棚が。

190531-09.jpg

文字のないシンプルな写真や画集などが、入ってました。
お茶を飲みながら、見るのにぴったり。

190531-06.jpg

茶菓子は、さすが安来節の里。ひょっとこのおまんじゅうです(笑)

190531-07.jpg

洗面所。シンプルな作りで使いやすかったです。

190531-08.jpg

トイレも新しくて、清潔でした。
このお部屋に、お風呂はついていません。
(大浴場のほかに、貸切風呂も無料で使えました。)

大浴場は、私が入ったとき、ちょうど人が少なくて、
露天風呂は貸切状態。贅沢~~~♪気持ちよかったです。

190531-10.jpg

夕食は、1階の個室で。
島根和牛のしゃぶしゃぶが、めっちゃ美味しかったです!!!

190531-11.jpg

夫が残したデザートは、ラップをして、
部屋の冷蔵庫に届けてくれてました。
残ったご飯も、おにぎりにしてくれました。
おにぎりは、夫が夜食に。
デザートは、私がお風呂あがりに、いただきました♪
もう~~お腹いっぱい!(笑)

190531-12.jpg

朝食は、広い宴会場に、テーブルがセッティングされていました。

190531-14.jpg

島根といえば、宍道湖。宍道湖と言えば、しじみ。
しかも、私が知ってるしじみより、ひとまわり大きいしじみなんです。
お味噌汁、美味しかったですよ~♪

8時半から、ラウンジの方でコーヒーのサービスもあったのですが、
私達は、朝一で足立美術館に行くため、コーヒーはあきらめて
チェックアウトしました。

荷物と車は、そのまま預かってもらって、足立美術館へGO!です。

つづく。。

塩見縄手と武家屋敷

5月30日(木) 晴れ


190530-39.jpg

入館料 300円
   (こちらも、堀川遊覧船の乗車券を見せたら、
    割引料金 240円になりました)

190530-40.jpg

2018年に修復が終わったばかりなので、とてもきれい。
(トイレも、清潔できれいでした。)

190530-41.jpg

塩見縄手の名前の由来となった塩見小兵衛も住んでいた屋敷だそうで、
広々としています。

190530-42.jpg

座敷から眺めるお庭も、立派!!

190530-43.jpg

おくどさん。レトロな雰囲気がいいですね~

190530-44.jpg

↓ 井戸も、風情があっていいです♪

190530-45.jpg

武家屋敷の敷地には、休憩所やお土産やさんもありました。


190530-46.jpg

武家屋敷が出たところで、堀側の歩道に渡って、
写真を撮りました。松江城のお堀と、武家屋敷の街並みが
とても雰囲気があって、いい風景です。

190530-47.jpg

ただ、車の通りが思った以上に多くて、
さらに、武家屋敷側の歩道は狭いので、
写真に夢中になると危ないかも。。。

お掘側の歩道は、松がいい感じで、ゆっくり歩けました。

190530-49.jpg

(時間がなかったので、行きませんでしたけど。)

190530-48.jpg

(開店時間2時を過ぎてたので、閉まってました。)

他にも、お茶の道具の美術館「田部美術館」もありました。
時間があれば、のぞいてみたかったです。

******

実は、この塩見縄手に行く手前に、おみやげやさんがありまして、
私たち夫婦は、発見したのです!お団子を!.゚+.(・∀・)゚+.

「へるんの小径」が休日だったことで、お団子を食べ損ねていた
私たちは、引き込まれるように、店内へ。。(笑)

店員さんが、暑いですから、冷たい飲み物でも。。と、
すすめるのを断って、「みたらし団子2つください!」(笑)

190530-50.jpg

店内には、イートインスペースもあったので、
休憩がてら、お団子をいただきました。美味しかったです。

昼食がコンビニのおにぎりを1個(夫は2個)だったから、
お腹がすいていたのね。(*⌒∇⌒*)テヘ♪

190530-51.jpg

ついでに、おみやげも買っちゃいました。
↓ 小泉八雲の怪談をデザインしたパッケージが面白くて♪
 (このお店のオリジナル商品なんだそうです)

20190619165226c69.jpeg

まぁ、急いでまわったというわりに、雑貨やさんは入るし、
お団子は食べるしで(笑)、駐車場を出たのは、予定の
4時半を少し過ぎた4時46分でした。
(予定の範囲内。。だよね)

ここから、ナビを頼りに、足立美術館近くの宿「さぎの湯荘」へ

つづく。。

てづくり雑貨ちろり


190530-30.jpg

稲荷橋、新橋を渡って、塩見縄手へ向かう途中にある
風情のある雑貨やさんです。
この並びには、他にも藍染工房とか、
入ってみたいお店があったのですが、
なんせ時間がないもので、今回はちろりさんだけ、
のぞかせてもらいました。

190530-36.jpg

1階の写真、撮るのを忘れてました。。。(*⌒∇⌒*)テヘ♪
いきなり、2階から(笑)

190530-32.jpg

陶器の器とか、籠とかバッグとかガラスとか。。。
もう、好きなテイストの雑貨が、いっぱい!

190530-34.jpg

大きな窓からは、松江城のお堀が見えます。
窓辺に置かれた大きなガラスの器。

190530-33.jpg

かわいいメダカが、泳いでました。おしゃれ~~♪

190530-37.jpg

器も、かわいいのがいっぱい!

190530-35.jpg

ステンドグラス雑貨も、かわいい~♪

190530-38.jpg

奥の部屋には、洋服と小物もありました。

190530-31.jpg

ゆっくり見ているだけでも、幸せを感じるような雑貨やさんでした。

店主さんとのおしゃべりも、楽しかったですよ。
店休日が、不定期なので、ちろりさんのfacebookで、確認してから
行った方がいいようです。

******
買ったのは、かわいい招き猫さんと、
ステンドグラスのカード立て。ふふふ。。((⊂(^ω^)⊃))

20190614225135fb1.jpeg

次は、塩見縄手です。
つづく。。

国宝 松江城

5月30日(木) 晴れ


いよいよ松江城です。
時間は、3時過ぎ。少し、急ぎ足での見学です。

まずは、入ってすぐ右手にある観光案内所に行きました。

190530-14.jpg

案内所では、パンフレットのほかにも、
荷物を無料で預かってくれたりします。(親切♪)

190530-17.jpg

最初に、この長ーーーい階段がどどーーんと。
一瞬、「うっ。。」と、たじろきましたが、
二人ともがんばりましたよ。少し、息切れしましたけど。。

190530-15.jpg

階段を上りきったところで、振り返って、パチリ☆
石垣が見事ですね!

190530-16.jpg

↑ 順路とは、反対の左へ進むと、松江神社があります。

190530-18.jpg

↑ さらに左側には、素敵な洋館が建っています。
 「興雲閣」です。
 明治36年に、迎賓館として建てられたものだそうです。

時間があれば、中を見学して(無料)、
1階の喫茶店でコーヒーなど、いただきたかったのですが、
ここは、急ぎ足なので外観だけ。。。(T_T)

190530-19.jpg

順路に戻って。。ここの石垣も、素敵です♪
大きい石と小さい石の組み合わせが、匠の技ですね。

190530-20.jpg

ここから先が本丸です。
左手に、券発売所があります。券を買わなくても、
本丸に入って、天守閣を外から見学することはできます。

松江城 登閣料 670円
(堀川遊覧船の券を見せると、割引料金 530円になりました。)    

190530-21.jpg

黒い姿が、かっこいいーーー!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

190530-22.jpg

近くで見上げると、迫力です!

190530-28.jpg

天守閣の中です。改修前まで実際に屋根に飾られていた
木製のしゃちほこ。大きかったです。

190530-29.jpg

広々とした天守閣の内部。
桐の階段が急で。。。昔の人は、着物を着ていたのに、
こんな階段を使ってたなんて。。えらい!
もう。。3階あたりで、足が。。(@◇@;)

190530-23.jpg

包み板。柱を板で囲っているものです。
いろんな工夫をして、天守閣を作ったんですね。

190530-24.jpg

そして、最上階から見た景色!素晴らしい!
無粋な金網などなく、そのままの美しい景色が目の前に。
青空と宍道湖がきれいでした♪

190530-25.jpg

天守閣を降りて、ベンチでしばらく休んだ後、
城の裏側から、武家屋敷のある塩見縄手を目指しました。

190530-26.jpg

馬洗池。
本当に、馬を洗ったのかな?(‐^▽^‐)

本当は、この先にある「へるんの小径」というお団子屋さんで
お団子を食べたかったのですが、お休みでした。( ̄□ ̄;)!!
うっ。。気を取り直して、先を急ぎました。

190530-27.jpg

稲荷橋を渡って、城外へ出たところです。
ざっくり見て、約1時間でした。
じっくりと、3つの神社を参って、お団子も食べて、
興雲閣でコーヒーを飲んだりしたら、2時間半かな。

まぁでも、メインの天守閣を、ゆっくり見学できたので、満足です。
次は、お堀沿いにある雑貨屋さんを、ご紹介します。

つづく。。。

プロフィール

アン


こんにちは。
「アンの小箱」のアンです。

☆アンの小箱☆


アンの小箱
ホームページ用の素材を無料で配布しています。

アンの小箱(ブログテンプレートの配布)
「アンの小箱」の素材を使ったFC2専用のテンプレートを
配布しています。

最新コメント

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

足立美術館 2019/06/24
さぎの湯荘 2019/06/22
塩見縄手と武家屋敷 2019/06/19
てづくり雑貨ちろり 2019/06/16
国宝 松江城 2019/06/15
松江堀川遊覧船 2019/06/14
特急やくもで、松江へ 2019/06/13
無印のキャリーバッグ 2019/06/12
レオ・レオニ カフェ 2019/06/11
シェラトン・グランデ・トーキャーベイ・ホテル 2019/06/10

カテゴリ

小物リメイクの記事一覧

リンク

検索フォーム

QRコード

QR