05
:
1
2
5
7
8
10
11
12
13
15
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

フードコロシアム(沖縄DFS)

6月16日、レンタカーをDFS営業所に返却して、
飛行場までの、モノレール券をもらい、
おなかがすいたので、DFSにあるフードコロシアムへ行ってみることにしました。

 黒を基調とした広い店内

いろんなお店が、集まっているフードコロシアムは、
店内の照明を落として、ちょっと大人の雰囲気。

メニューは、たくさんあるのですが、値段が高い!!
これは、観光客狙いの値段設定ですね。



味は、まぁまぁでした。
暑い外を歩き回らなくてすむので、急いでいるときは、
ここで食べるのも、いいかもです。

飛行場では、子供達へのおみやげに、
ロイヤルの紫イモのスイートポテトを買いました。
(すっごい客で、狭い店内は、満員でした)

今度は、水着持参で、また遊びに来たいねっ!と、
夫と話して、空港で東京と福岡に別れました。

伊計島と残波岬

ホテルをチェックアウトした後、
お兄さんから、教えてもらっていた沖縄の塩「ぬちまーす」の工場を目指して、伊計島へ行きました。

旅行前に心配していた天気は、全然雨も降らず、
最終日の16日は、少し晴れ間さえ見えてきて、
ラッキーでした

 海中道路で♪

太陽の光で、海がキラキラと、とてもきれいでした。
(でも、ここは遊泳禁止でした・・・)

 「ぬちうなー」

さとうきび畑の真ん中に、ポツンと「ぬちまーす」の工場とショップとカフェが併設されている「ぬちうなー」がありました。
中に入ると、無料で塩の工場見学ができます。

2階には、ショップとカフェがあって、静かに海を見ながら、ひと休みできちゃいます。

私たちは、工場見学をした後、2階のショップで、ここのお塩をおみやげに購入しました。

ちょうど、この時期は、月曜日が10%offというイベントをやっていて、
全部、10%offで、買い物できちゃいました。ラッキー

やっぱり、日ごろの行いがいいからでしょうか?(笑)
天気とか、割引とか、ついていました。(*^.^*)

飛行機の時間に、まだ余裕があったので、残波岬まで、足をのばすことにしました。

さて、カーナビに残波岬と入れて、道案内をしてもらうことしばし。。
残波岬ロイヤルホテルが見えてきました。

。。。と、カーナビが突然、Uターンの指示を出しました。

えっ??

以前、沖縄旅行したときも、道しるべは「右」を指しているのに、
カーナビは、「左」を指示したことがありました。
今回も、やっぱりお約束ということでしょうか?(笑)

カーナビを無視して、岬の駐車場に無事到着♪

 残波岬の灯台です。

 灯台のまわりは、岩がゴツゴツ!

ここから見る海のながめも、きれいでした。

沖縄の海、サイコーー!!(*^.^*)

ザ・ブセナテラス(3)

夕食は、バイキングレストランの「ラ・ティーダ」に
前もって、6時に予約を入れてました。

ディナーブッフェ 大人1人4042円。
夫の食欲を満たすためには、食べ放題でなくては。。

 晴れていたら、夕日が見えるかも♪

 テラス席も、いいですね~

私達が入ったときは、まだ2~3組でしたが、7時を過ぎるころには、窓際の席は、満席になっていました。

先にも言っていたG8科学技術大臣会合の警護をしているのであろう巡視船や、ヘリコプターをながめながら、食事するのも、またおもしろい経験だったかも。。(笑)

  串焼きのお肉が、やわらかかったです♪

 スイーツも、いっぱい♪

新人のウェイターさんが、一生懸命、コップに水をついでくれるのを見ながら、夫とふたり、心の中で、「がんばれっ!」と、励ましていました。(笑)

慣れない手つきながら、一生懸命が、伝わってきて、とても好感が持てました。

* * * * * * * * * * * * 


一夜明けて、6月16日の朝食は、メインダイニングの「ファンヌアン」にしました。
こちらも、入っていくと、テラス席と室内席と、好みの席に、案内してくれます。

私は、落ち着ける室内の席に。。
(テラス席は、若いカップルだらけでした)

注文を取るときに、夫が高血圧の薬を飲むという話をすると、
グレープフルーツジュースを、他の飲み物に変えてくれました。
細かい心遣いが、とてもうれしかったです。

(グレープフルーツは、血圧を下げる作用があるため、
血圧を下げる薬を飲んでいるときは、とらない方がいいのです)

 ジャムが3種類も♪

 ポーチドエッグが、いい具合いで。。

サービスも、店内の雰囲気も、申し分ないレストランでした。

たまには、こんな優雅な朝食も、いいよね~

ザ・ブセナテラス(2)

部屋で、ひと休みした後、
せっかくだから、海岸に出よう!と、下におりました。

エレベーターから降りると、プールがあって、
曇り空ながら、結構暑い日だったので、
プールで泳いでいる人も、ちらほら。。。

私:「気持ちよさそーーー!!」

夫:「水着を、持ってくればよかったなぁ~」

私:「前の水着は、入らないでしょ。。そのお腹じゃ。。」

夫:「うっ。。」

などと言いつつ、プールをぬけて、海岸の方へ
海がきれーーい!!
鹿児島の海も、きれいでしたけど、
沖縄の海は、また透明度がすごいです!

 宿泊者は、ベンチ利用も無料です。

しばらく、波打ち際で遊んだ後、
のどが渇いたので、コンビニに行くことにしました。
コンビニは、ホテルのゲートのすぐ近くにあります。

つまり、徒歩10分!(^_^;)

 バスとか。。

 レンタサイクル(1時間1050円)とか

移動手段は、いろいろありますが、曇り空だし、
ふたりで、のんびりと歩いていきました。

コンビニの近くには、クラフトハウス(おみやげ屋さん)とか
イタリアンレストラン、バー、インテリアショップなど
結構、おもしろかったです♪

オリオンビールを、しっかりゲットした後、
そろそろ夕食の予約していた時間になるので
部屋に戻ることにしました。

ザ・ブセナテラス(1)

2008年6月15日に宿泊したザ・ブセナテラスです。



ゲートを通りすぎてからも、しばらく走って、ホテルの裏手の坂をのぼっていくと、正面玄関がありました。
さすが、ブ・セナテラス!敷地が広い!!

玄関では、スタッフの方が、すばやく車に寄ってきて、
荷物を預かってくれました。

ブセナテラスでは、パレットサービスがあります。
つまり、係りの人が車を駐車場に出し入れしてくれるのです。

これは、便利♪(*^.^*)

 ロビーは開放的です♪

スタッフに案内されたところは、カウンターではなく、
ロビーを通り抜けたテラス席でした。

 海が正面に見えて、気持ちいい!

 ウェルカムドリンク

私達の前に、3組ほど待っているようでした。
でも、ウェルカムドリンクのシークワーサージュースを飲みながら、
海の景色を見たり、ゆったりとくつろげて、
待たされてるーという感じは、ありません。

チェックイン手続きを終わり、部屋に案内されるときも、
エレベーターがロビーに近く、動きがスムーズでした。

私たちの予約した部屋は、デラックスオーシャンビューの禁煙室。6階です。

部屋自体は、やはりちょっと手狭でしたが、白を基調としたインテリアは、
明るくて清潔感がありました。

 明るい室内。



部屋のベランダからのながめです。

目の前が海って、いいですよねー♪
少し高かったけど、オーシャンビューの部屋にして、正解でした

続きを読む

ホテルの警備??(沖縄旅行記)

道の先に、ザ・ブセナテラスが見えてきました。

入り口は、どこだろう??と、先の方を見てみると、

「ん??」

なんか、いやに警察車両が多いのです。

私 「えっ?スピード違反取り締まり中?」

夫 「いや。これは要人の警護だろ。なんか、あるんじゃないか?」

私 「うそっ!なんで、今日なの~?」

本当に、警察車両だらけ!
警察官が、そこらじゅうという感じで。

別に、なにも悪いことはしてないんだけど、
ドキドキしながら、ホテルのゲートの警備員に、
「宿泊予定なんですけど。。」と言うと、
にっこり笑って、通してくれました。(〃´o`)=3

後で、ニュースを見てわかったのですが、
その日2008年6月15日は、ブセナテラスに隣接する万国津梁館で、G8科学技術大臣会合が行われていたのでした。

そりゃ、世界16の国や機関から、要人が集まるのですから、ものものしい警護は、当たり前ですよね~

ちょっと、めずらしい経験をさせてもらいました。(*^.^*)

 

万座毛

「おんなの駅」で、お兄さんたちと別れた後、
その日(6月15日)の宿泊先 ザ・ブセナテラスへ向う途中に
ちょうど、万座毛があるので、寄っていくことにしました。

 あの有名なゾウの鼻!!(笑)

駐車場をおりて、遊歩道をしばらく歩くのかな?と
思っていたら、すぐそこでした~♪
ちゃんと、展望台みたいになっていて、
この景色の写真を撮ることができます。(*^.^*)

 遊歩道は、ぐるりと広場を1周しています。

遊歩道は、1周しても、5分くらい。
ちょうど、風に吹かれながら、海をながめるのに
いいポイントだと思います。
(ただ、日陰がないので、真夏はつらいかも。。)

万座毛の反対側には、万座ビーチホテルが見える絶好ポイントがあります。
夫が、「次は、あのホテルに泊まろうか?景色がいいなぁ~」と言ってました。
やはり、沖縄に来たからには、海が見えるホテルが一番ですよね♪

さて、ここから、いよいよあこがれの、ザ・ブセナテラスへ向います!

道の駅「おんなの駅」

 

読谷村から、58号線で北上すると、しばらくして、右手に
恩納村の道の駅「おんなの駅」がありました。

日曜日の昼時ということもあって、駐車場はいっぱい!!
地元の人が、よく来るそうで、とにかく野菜が安いとか。。

 私たちのお目当ては、琉冰(りゅうぴん)の・・・

 トロピカルマウンテン!

普通のカキ氷と違って、きめが細かく、頭がキンキンならない氷に、生のフルーツが、3~4種類のっていて、めちゃくちゃおいしいです!ボリュームも満点!

これは、もうおすすめです!

上の写真は、メロン、マンゴー、パイナップル、パッションフルーツ+アイスクリームがのって、1000円くらいだったと思います。
フルーツが1種類なら、500円からあります。
季節によって、トッピングは変わるので、今度は違う季節に行ってみたいです♪

他にも、作りたてのサーターアンダギーや、そーき、おにぎり、天ぷら、豚足などなど、いろんな食べ物がありました。


 2階にある「パリのパンやさん」

ここのパンは、焼きたてで、しゃれていて、
クロワッサンなんか、サクサクして、とってもおいしかったです。
お昼には、パスタバイキングもやっているそうです。

お兄さんたちとは、ここでお別れ。
おいしいところを、たっぷり案内してもらって、
本当に楽しかったです。ありがとうございました!!

さて、私たちは、万座毛を見てから、宿泊先のホテルへ向います。



 


続きを読む

ゆいまーる

 読谷村共同販売センター

58号線沿いにある陶器販売所です。
ここにも、すばらしい陶器が、多数販売されています。

私達は、ここのレストラン「ゆいまーる」で、
昼食をとりました。

 大きなテーブルや座敷があります。

お兄さんたちが、以前、ここで昼食を食べて、
あまりのボリュームに、びっくりしたとか。。
さっそく、メニューを見るも。。。
何の料理だかチンプンカンプン。。。

私は無難なところで、沖縄ソバ 400円を。(安い!)

 予想通り♪おいしそう~

夫は、ソーキ定食 800円を、頼みました。

 えっ?なんでソバまで??

あまりの量の多さに、4人とも絶句。。。(笑)
これなら、2人でこの定食ひとつ頼めばよかったねーと
後悔しました。

でも、そーきは、おいしかったです!!

 なすの炒め物定食

本当に、値段のわりに、ボリュームたっぷりで、
沖縄の家庭料理を、満喫させてもらいました。

お腹いっぱいになったところで、次の目的地
恩納村の道の駅「おんなの駅」を目指しました。 

やちむんの里

 やちむんの里の案内板

やちむんの里には、陶器の直売店が、点在しています。
入り口に、大きな駐車場がありますが、
混んでないなら、車に乗ってまわっても、大丈夫。
お店の前に、4~5台の駐車場が、あります。

歩いて回るには、坂道があって、きつい!

最初に、国際通りで買ったガラスのお皿を作っている「虹」へ行きました。
直売所は、やはり品数が少なかったですが、
隣にある宙吹きガラスの展示館が、見ごたえありました。
ガラスのランプシェードが、とってもきれいでした。

 「虹」のほむら工芸館

 すばらしいガラス工芸品が展示されてます

 陶器の直売所

那覇のやちむん通りにある陶器よりも、
もっと重みのある陶器が、多かったような。
少しずつ、違っていて、見るだけでも楽しい♪

「陶芸城」さんでは、外の木になってるパパイヤが
目の前に見えて、見事でした(*^.^*)
(おばちゃんが、木が細いので、登って採ることができないと、言ってました。なるほど~パパイヤの木は、細いです!)

 有名な赤レンガの登り窯

結局、何も買わず、目の保養だけして、昼食をとるために、里を後にしました。

プロフィール

アン


こんにちは。
「アンの小箱」のアンです。

☆アンの小箱☆


アンの小箱
ホームページ用の素材を無料で配布しています。

アンの小箱(ブログテンプレートの配布)
「アンの小箱」の素材を使ったFC2専用のテンプレートを
配布しています。

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

小物リメイクの記事一覧

リンク

検索フォーム

QRコード

QR