08
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

介護保険の申請

先日、南区役所の福祉・介護保険課で、
要介護認定の申請をしてきました。

実は、11月の検診で父のすい臓がんの再発がわかり、
先生からは、緩和ケアをすすめられました。

手術、退院してから、まだ3ヶ月。
見せられたCT画像には、肝臓とすい臓に、多くの影が。。
まさか、こんなに早く再発するとは、思いませんでした。

父の意志で、抗がん剤治療も挑戦することになり、
今は、週1回。通院して抗がん剤治療も行っています。
まだ、半分の量ですが、副作用が出ていないのが救いです。

副作用で、めちゃくちゃ苦しんだ私としては、
すごく不思議です!(@_@;)

九州がんセンターのソーシャルワーカーさんから、
介護保険の申請を薦められました。
今まで、全然考えていなかったのですが、
これからのこともあり、一度申請してみることにしました。

11月28日。
両親は、福岡市南区に住んでいるため
南区役所の向かいにある保険福祉センター2階の福祉・介護保険課で、要介護認定の申請手続きをしました。

受付カウンターに行くと、職員の方がにこやかに、
用件を聞いてくれ、早速手続きの概要を説明してくれました。

実は、この職員さん、なかなかのイケメンで。。
「公務員でこれなら、モテるだろうなぁ~」なんて、
余計なことを考えつつ。。(笑)

申請は、本人の他、代理人の申請も認められています。
ただし、代理人の場合、その後の認定のための訪問調査のときに、
一緒に立ち会わなくてはいけません。

本人の名前、住所の他に、病状病歴、
かかりつけの病院と先生の名前など、
以外と時間をかけて、ゆっくりと申請書類を作りました。

それから、「認定に家まで、職員が伺いますので、都合のいい日を」と
訪問日と時間を決めました。
これで、手続きは終了。

今回、父と一緒に、リンパ浮腫で歩行が困難になってきている
母の分も申請しました。
手続きが終わって、エレベーターに戻るとき、方向音痴の母が
期待どおり、キョロキョロしたのが、かわいくって、うれしかったです(笑)


12月10日。
10時半から、認定のための職員さん(今度は女性の方)の訪問調査。
2人分の聞き取りだったため、終わったのは、12時近かったです。

日常生活が、どれくらい自分でできるのか。
立つ。歩く。足踏み。手を上げたりなどの動作は
実際にやって見せました。
それから、認知症を調べるための質問。

「今日は何日ですか?」の質問には、二人ともカンニング!(^_^;)
母は、チラッと日付が出る時計を見るし、
父など、堂々とパソコンのブログを見て、「12月10日です」って、
おいおい。。。(〃´o`)=3

訪問調査は、終わりましたが、この後、認定されるのは
約1ヶ月かかるということです。

区役所の方から、主治医に意見書を作成してもらい、
介護認定審査会が開かれて、やっと
「非該当」、「要支援1・2」、「要介護1〜5」の
どれに当たるかが決定されるのだそうです。

takakiさん、そう言っていただけると、うれしいです。
食事を笑いながら、みんなで食べるって、いいですよね。

前向きな考え方ですね。

毎日の食事メニューから家庭の暖かさを感じ、羨ましささえ覚えます。

ありがとうございます。

takakiさん、コメントありがとうございます。
父も前向きで、1日1日楽しく過ごそうとしているようです。
子どもとしても、父を笑顔にできるようサポートしていきたいです。

No title

病状が急に変化され、びっくりしています。
ご両親をしっかり支えておられる姿に頭が下がります。
お元気になられることを信じたいものです。
Secret

プロフィール

アン


こんにちは。
「アンの小箱」のアンです。

☆アンの小箱☆


アンの小箱
ホームページ用の素材を無料で配布しています。

アンの小箱(ブログテンプレートの配布)
「アンの小箱」の素材を使ったFC2専用のテンプレートを
配布しています。

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

小物リメイクの記事一覧

リンク

検索フォーム

QRコード

QR