04
:
1
3
5
8
9
10
11
13
16
17
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
   

すい臓がん - 抗がん剤

■2013年9月26日

退院後、最初の通院のときに、先生から抗がん剤の話がありました。

私自身の経験で、抗がん剤は、とてもつらかったので、
父には同じ思いをさせたくなかったのですが、
先生の勧めもあり、抗がん剤を始めることにしました。

その時の様子を、父のブログから。。↓

↓--------------------------------------↓

九州がんセンター退院後一回目の再来です。
外科の先生の意見
「膵臓がんは再発の可能性が高いから抗癌剤治療受けたほうが良い。」
消化器内科の先生の意見
「80歳過ぎたヒトに抗癌剤治療は普通しないけれど
患者が元気ならしたほうが良い。試しに一番軽い抗癌剤してみてはどうか?」
ということで一番軽い 抗癌剤を
半年間試してみることになりました。

↑--------------------------------------↑

■2013年10月3日

抗がん剤を始めて13日目。
父の調子もよく、副作用も出ていなかったので、
抗がん剤を増量することになりました。

■2013年10月17日

抗がん剤を増量してから、2週間後。
九州がんセンターを受診した際、
また抗がん剤の増量の話が出ました。

父は、これ以上は、増やしたくないと言い、
結果、増量するのは、やめましょうということになりました。

*******

私個人としての意見です。

再発予防の抗がん剤は、本当に必要なのでしょうか?

たとえば、規定の量を守って、欠かさず抗がん剤を続け、
副作用も耐えられて、体力も落ちなかった場合。
再発を抑える効果が、50%とします。
(100%再発を抑えられる抗がん剤は、存在しないと思います。)

しかし、副作用が強くて、抗がん剤の量を規定より減らしたり
一時的に、服用を休止した場合、
再発を抑える効果は、限りなく0%に近くなるのです。

私は、大腸がん(ステージ4)の手術の後、
服用するタイプの抗がん剤を飲みました。
しかし、規定の量では、副作用が強くて、
続けられなかったため、一時休止した後、
1/3の量の抗がん剤を服用しました。

結果として、8ヵ月後に、再発しました。

ちなみに、乳がん(ステージ2)の手術の後も、
予防のための抗がん剤を服用しました。
これも、一番軽い服用タイプの抗がん剤だったのですが、
副作用が強く出て、量を調節しながら、6ヶ月続けました。
。。で、乳がんは、再発しませんでした。

その時の状況など、いろいろあるでしょうが、
先生の言われるままに服用するのではなく、
自分で考えて、答えをだすことも必要かと思います。

tag : すい臓がん

Secret

プロフィール

アン


こんにちは。
「アンの小箱」のアンです。

☆アンの小箱☆


アンの小箱
ホームページ用の素材を無料で配布しています。

アンの小箱(ブログテンプレートの配布)
「アンの小箱」の素材を使ったFC2専用のテンプレートを
配布しています。

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

小物リメイクの記事一覧

リンク

検索フォーム

QRコード

QR