04
:
1
3
5
8
9
10
11
13
16
17
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
   

緩和ケア病棟 - 父の最期

■2014年4月28日 

午前2時半ごろ、弟から電話がありました。

父の危篤の知らせでした。

24日のテールシチューパーティーのあと、
父は、安心したのか、急激に弱っていきました。

私たちは、5月の連休中に、また父を一時帰宅をさせる準備に
取り掛かっていましたが、父はそれを待ってはくれませんでした。

電話を受けた後、私と夫は、急いで宗像から車で病院にかけつけましたが、
父は息を引き取った後でした。
父の手をとると、まだ暖かく、本当にスヤスヤと寝ているようでした。

あっ。。。まだ、思い出すと涙が出てくるので、
ここからは、サラサラと行きます。

家族が最後のお別れをしている間、
病院のスタッフさんは、2時間ほど家族だけにしてくれました。
その後、「死亡宣告をしても、よろしいでしょうか?」と尋ねた後、
私たちの了承を得ると、お医者さんが来て、
一連の検査をして、死亡宣告がなされました。
1時間後には、死亡診断書を受け取りました。

それから、看護師さんから、葬儀社のリストを渡され、
どこの葬儀社を手配するのか、決めていただけますか?と、
言われました。

父は、典礼会館の互助会に加入していたので、
その旨を伝え、自分たちで、典礼会館へ電話しました。

典礼会館へは、看護師さんから聞いていたとおり、
南玄関へ午前11時に迎えに来てくださいと、伝えました。

また、このときに、決めておかなくてはいけないことが、ひとつ。

1. 直接、斎場へ父を送り出す。
2.一度、自宅へ帰り、仮通夜を自宅で行い、翌日、斎場へ送り出す。

(互助会の基本料金の中には、寝台車の使用は、1回の料金しか
含まれていないため、2 の場合は、追加料金が発生します。)

私たちは、2を選択し、一度、父を自宅へ帰らせてあげようと思いました。
また実際、葬儀の前日は、用意しなくてはいけないものが、
いっぱいあって、準備が大変なんです。
自宅の方が、準備が円滑にできました。

那珂川病院の緩和ケア病棟では、亡くなった後のお清めもしてくれます。
(つまり、お風呂に入れてくれます。)
以前から、死装束を準備しておいてくださいと、病院から言われていました。
昔だと、死装束といえば、白い着物と、頭に三角の布。というところですが、
今は、故人の好きだった服など、自由でいいそうです。
私たちは、いつも父が外出するときの服を用意しました。

お風呂からあがった父に、看護師さんが服を着せてくれ、
うっすらとお化粧もしてくれました。

その後、看護師さんから「お別れの会」をしても、よろしいでしょうか?と
聞かれました。
なんとっ!病院の父にかかわったスタッフさんが、みんな病室に
集まってくれて、一人ずつ、父との思い出を語ってくれたのです。
お医者さん、看護師さん、薬剤師さん、栄養士さん、入浴介助のスタッフさん。。
悲しい時間でしたが、とても暖かい時間でもありました。

それから、エレベーターのところまで、みなさんで見送ってくれて、
先生や一部看護師さんは、南玄関で私たちの車が
出発するまで、一緒にいてくれました。

普通の病院だと、亡くなった後は、安置室へ移され、
早く出て行ってくれと、せかされる話も聞きましたが、
ここでは、家族のために、最後まで病室でゆっくりと準備させてくれました。

本当に、最後の時間をこの病院で過ごすことができて、
父も幸せだったと思います。
スタッフのみなさま、本当にありがとうございました。

tag : すい臓がん 緩和ケア

ありがとう

よちとん、コメありがとう。
緩和ケアは、最期を迎えるためじゃなくて、
自分らしく生きるために入るところだと思うの。
父に笑顔をくれた病院スタッフの方々に感謝です。

20数年前だと、まだ緩和ケアも確立していなくて、
ホスピスもまだ数が少なかった時代だよね。
痛み止めもなかなか打ってもらえなくて、
よちとんのお義父さんも、きつかったでしょうね。

よちとんも、乳飲み子をかかえて、がんばった!
えらい!

一連の流れを読んでいて、自然と涙が溢れました…
でも、とっても素敵な、温かい最期だったのね(*^^*)
お父さま、安心して旅立たれたと思うよ。
ほんと…理想的な過ごし方だと思う…

義父もすい臓癌で亡くなったけど、20数年も前だから、病人や家族の立場に立った介護ではなかったと思う。
最期まで家に帰りたいってお義父さん…でも、許可はおりなかったし…
最期の時は主人は海外出張中で、お葬式にも出れなかったし…(年長さんと乳飲み子を抱え、夫不在の長男の妻が横浜から駆けつけて、人生初のお葬式……お察しください…(T^T))

アンのお父さま、本当に幸せだったと思うよ。
アンもご家族もお父さまと関わった周りの方々も♪
アン、よく頑張ったね(*^^*)
Secret

プロフィール

アン


こんにちは。
「アンの小箱」のアンです。

☆アンの小箱☆


アンの小箱
ホームページ用の素材を無料で配布しています。

アンの小箱(ブログテンプレートの配布)
「アンの小箱」の素材を使ったFC2専用のテンプレートを
配布しています。

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

小物リメイクの記事一覧

リンク

検索フォーム

QRコード

QR